auガラホ 2019年12月開始の新プラン。料金比較と用途

2020/2/22

2019/12/26から受付開始のガラホ用の新プランの解説です。

スポンサーリンク

プラン内容

auリリース

旧auガラホプランの詳細解説

概要

4種類に整理されました。

主な変更点は

  • 解約料を9,500円から1,000円に変更
  • ケータイシンプルとケータイカケホはLTE.NET,データを含む
  • VKプランは無料通話無しは廃止

VKプランにデータオプションを含む料金一覧

通話とSMSのみなら維持費は安い

  • VKプランS(N)が998円/月(無料通話1,100円分、20円/30秒)
  • VKプランM(N)が1,640円(無料通話2,600円分、20円/30秒)

データ通信をする場合は、ダブル定額が500円~4,200円の従量制。僅かな通信で上限に達するので、思ったより料金がかかることが多いプランです。emailは意識しないまま写真や動画を添付して、データを消費することがあります。

VKプランは通話・SMSに限定する使い方をする人向け。

ガラホ限定プランに注意

スマホユーザーも使いたいプランですが、IMEI(製造番号)でauガラホのみ使えるように制限されています。ガラホの中身はAndroidなので必要なアプリをAPKでインストールすればスマホに近い使い方は可能です。

用途別プラン選択

  • かけ放題が必要
    • ケータイカケホプラン 2,980円
  • ある程度データ通信をする
    • ケータイカケホプラン 2,980円
  •  通話はほとんどしない、多少emailをする
    •  ケータイプラン 1,200円
  • たまに通話はする、emailやデータ通信は使わない
    • VKプランS 998円

ガラホ端末はauではなく通販で入手

ガラホプランは端末の製造番号(IMEI)で管理しているため、auガラホ以外の端末では使えないようになっています。

auで新品端末購入するよりも、いわゆる白ロム入手してauショップに持ち込んで登録するのがお勧め。

新規契約、機種変更共に持ち込みで対応してもらえます。

auガラホの定番はGratina4G。流通量が多く市場価格も安い。電池はauオンライショップで新品を購入可。ガラホ電池はガラケー同様長く販売を続けられると予想しています。スマホのように頻繁に買い換えない利用者が前提の商品のため。

ライトユーザー向け他社プラン

スマホのライトユーザーで低維持費希望なら他社サービスも検討。auガラホをSIMロック解除すれば各社で利用できます。

他社サービス例

まとめ

ケータイカケホプランは、かけ放題と1GBデータ通信を備えて月額2,980円。守備範囲が広く、料金も内容から考えると納得設定。かけ放題オプションの相場が1,700円ですので、基本料+データ1GB部分が1,280円相当。これはかなり安い。

VKプランS(N)の1,000円未満の料金で無料通話1000円付き。最低維持費用として優れています。

この2つのプランで、ガラホユーザーの大半の希望をカバー可能。

履歴:2019/12/23、2020/2/22

スポンサーリンク

Posted by bden