通話もメールもしないならどこの携帯が安い

2020/3/12

携帯電話を着信主体に使う人が結構居ます。
1台だけ持って着信用としたり、複数台持ちのうちの一台を着信専用として持つなど。

着信専用なら年間3,000円で維持

ソフトバンクプリペイド携帯

  • 初期費用:6,578円(税込)に以下の3つが含まれる
    • 携帯本体代金
    • 契約料:無料
    • 初期チャージ:420日間維持費
  • 解約料:0円
  • 2年目からの維持費:420日間 3,000円(税込)
  • クレジットカードや銀行口座無しで契約可能
  • 詳細解説

概要

  • 初期60日間は音声の発信と着信ができます
  • 60日過ぎると着信専用として360日利用可能
  • 着信専用期間でも110番、119番など緊急連絡の発信は可能
  • 60+360=420日経過前に3000円チャージすればまた60日間音声の発信と着信が可能。
  • 420日経過前にチャージしなければそのまま自動解約(解約金不要)
  • 繰り返し定期的にチャージしていけば年間3,000円(正確には420日間を3,000円)で維持できます

月額990円、スマホでもガラケーでも

b-mobile 990プラン

  • 契約内容がシンプルでわかりやすい
  • 月額990円
  • ネット接続可:1GB~20GB
  • 契約料3,000円(SIMカード料込み)
  • 携帯本体は別途自分で用意
  • 解約違約金:なし
  • 回線はドコモかソフトバンクを選べる
  • 詳細解説

新品スマホ1円で月額1,180円

OCNモバイルONE

スマホを安く手に入れられるため、トータルコストが安い。

  • 初期費用
    • 新品スマホ1円~
    • 契約手数料 3,000円
    • SIM代金 394円
    • 合計 3,394円
  • 月額 音声契約・データ1GB 1,180円
  • 詳細解説

ケータイプラン 月920円

IIJmioケータイプラン

ドコモのガラケーにSIMをセットすれば通話とSMSが使えます。ドコモSIMに対応したスマホにSIMをセットすれば通話とSMSの利用は可能。

  • 月額920円
  • ネット接続不可
  • 契約料3,000円
  • SIMカード394円
  • 携帯本体は別途自分で用意
  • 契約から1年以内の解約違約金:1,000円
  • 回線はドコモ
  • 詳細解説 100円で買えるスマホキャンペーンを活用でお得に

通話とSMSで980円~

ソフトバンク

ソフトバンクケータイが、通話オンリーの契約が可能なため安い。

ドコモ

ドコモケータイがそこそこ安い。

au

auケータイ(ガラホ)プランが2019/12/26から新しくなりました

  • VKプランS(N) 月額998円
  • 無料通話1,100円分が付く(20円/30秒)
  • ネット接続は別途300円/月
  • 契約料3,000円
  • 更新月以外の解約料1,000円
  • 月額料金内容
    • 購入携帯:京セラGratina KYF39
    • 携帯本体24回分割 1,350円(税込)
    • VKプランS 998円(税込1,098円)
    • 合計2,348円(税込)
  • auガラホ月額詳細解説

(終了)月額700円で通話発信着信可能

nuroモバイルの0SIM

2020/2/17で受付終了、既存契約者も2020年9月以降に自動解約です。Link

ドコモのガラケーにSIMをセットすれば通話とSMSが使えます。ドコモ回線対応スマホなら超低速なデータ通信も可能。

  • 月額700円(音声契約)
  • ネット接続も可能で、0~499MBは無料。以降100MB毎に100円
  • 契約料3,000円
  • SIMカード準備料400円
  • 携帯本体は別途自分で用意
  • 契約から1年以内の解約違約金:5,000円
  • 回線はドコモ

データ通信はかなり遅い。データ通信はおまけと考えて、音声用として利用するのに向いています。

履歴:2016、2019/11/27、12/13、2020/2/18、3/12

スポンサーリンク

Posted by bden