LINEモバイルの維持費。1ヶ月~2年間の費用

2020/02/10

2020/2/19から新プランに変更。データフリーをセットとせずオプション化したことで、幅広いユーザーが選択肢に入れられるプランになっています。

プランの内容

新プラン

  • 他社の一般的なプランと同様、データ容量によるプラン分け
  • LINEの通信量は標準でカウントフリー(使い放題)
  • Twitter、Facebookのカウントフリーはオプションで月額280円
  • Instagram、LINEミュージックのカウントフリーを加えると月額480円
  • SMS無しデータプランの廃止

旧プラン

SNS関連のカウントフリーを使わない人にとっては無駄な料金を払っている感覚があったかもしれません。

  • LINEフリープラン:LINE
  • コミュニケーションフリープラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram
  • MUSIC+プラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC

LINEモバイルの特徴

  • docomo、au、softbankの3社の回線を選べる。費用は同一
  • 支払い方法にLINE Payを選べるため、クレジットカード・銀行口座無しで申し込みできる
  •  特定SNSの通信のデータ量をカウントしないオプションを追加できる
  • カウントフリー対象はデータ容量をオーバーしても速度制限しない。カウントフリー対象以外は200kbpsに制限
  • 速度切り替えスイッチは無い
  • 他社MVNOと同様、平日の昼休み、夕方は速度低下が生じますが、比較的マシ。
  • LINEモバイルはソフトバンク傘下のため事業の継続性が高い

おすすめできる利用者

  • LINEの利用がメインの人
  • 支払いをクレジットカード、銀行口座振替以外にしたい
  • 昼休みの時間帯は通信速度は遅くても良い人

LINEモバイルへ >

LINEモバイルの費用

  • 初期費用
    • 契約手数料 3,000円
    • SIM代金 400円
    • 合計 3,400円
  • 月額最安プラン
    • 音声契約0.5GB 1,100円
    • 音声無しのデータ契約0.5GB 600円
  • 解約料 1,000円
    • 新プランはいつ解約しても解約料がかかる
    •  旧プラン(契約から12ヶ月目の末日以内に解約の場合)
      • 1月契約なら翌年の1月1日以降に解約すれば解約金なし
  • 追加容量0.5GB 500円
  •  契約月の日割り
    • 新プラン:日割り
    •  旧プランは日割り計算しないが初月の基本料は共通料金(珍しいシステム)。高いプランは割安に。
      • データ 500円
      • データ(SMS付き) 620円
      • 音声 1,200円
  •  MNP転出料3,000円
  • 解約月は日割りなし
  • 新旧比較詳細

維持費 1~24ヶ月の維持費

MVNOはライトユーザーが主体のため小容量で計算

新プラン

0.5GB音声契約

3GB音声契約

旧プラン

1GB音声契約

安いLINEフリーで計算

3GB音声契約

中間プランのコミュニケーションフリープランで計算

3GB音声契約+5ヶ月間半額キャンペーン適用

中間プランのコミュニケーションフリープランで計算

長く続いている5ヶ月半額キャンペーンを適用した料金。

5ヶ月半額キャンペーンの適用を前提にすると、「LINEフリー」よりも「コミュニケーションフリープラン」がお得。最初はコミュニケーションフリーで申し込んで、通常料金に戻る前月に安いLINEフリープランに変更するかを決めるようにします。

キャンペーン

  • スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン Link
    • 期間:2019/8/23(金)~ 終了日未定
    • 音声通話SIM限定
    • コミュニケーションフリーかMUSIC+に新規契約または
      プラン変更が対象(LINEフリーは対象外)
    • 5ヶ月間半額の内訳は
      • 初月は通常1,200円が半額の600円
      • 2~5ヶ月目は利用料金プランの半額

まとめ

新プランはソフトバンクの提供する電話サービス3種の棲み分けを配慮した内容。

  • 大容量データが必要な人はソフトバンク50GB
  • 高速通信可能で17GBまで対応しつつ低価格プランのY!モバイル
  • LINEユーザー取り込み前提のLINEモバイル

LINEモバイルの速度は昼休みの速度低下はありますが、ひどく遅いということもなく、LINEメインのユーザーには十分な品質。

LINEのユーザー層は高齢者まで幅広い。データ量少なめの年配者にLINEモバイルは意外に適しています。


更新:2019/12/21、2020/02/10

スポンサーリンク

Posted by bden