LINEモバイルの維持費。1ヶ月~2年間の費用

2019/12/21

LINEモバイルの特徴


長所・短所

  • docomo、au、softbankの3社の回線を選べる。費用は同一
  • 支払い方法にLINE Payを選べるため、クレジットカード・銀行口座無しで申し込みできる
  •  特定の通信のデータ量をカウントしない。料金プランによってカウントフリー対象が異なる。
    • LINEフリープラン:LINE
    • コミュニケーションフリープラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram
    • MUSIC+プラン:LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC
  • 速度切り替えスイッチは無い
  • データ容量をオーバーしてもデータフリー対象は速度制限しない。フリー対象以外は200kbpsに制限
  • 他社MVNOと同様、平日の昼休み、夕方は速度低下が生じる。
  • LINEモバイルはソフトバンク傘下のため事業の継続性が高い

おすすめできる利用者

  • LINEの利用がメインの人
  • 支払いをクレジットカード、銀行口座振替以外にしたい
  • 通信速度は遅い時間帯があっても良い人

LINEモバイルへ >

LINEモバイルの費用

  • 初期費用
    • 契約手数料 3,000円
    • SIM代金 400円
    • 合計 3,400円
  • 月額最安プラン
    • 音声契約1GB 1,200円
    • 音声無しのデータ契約1GB 500円(SMS無し)
  • 解約料 1,000円(契約から12ヶ月目の末日以内に解約の場合)
    • 1月契約なら翌年の1月1日以降に解約すれば解約金なし
  • 日割り計算しないが初月の基本料は共通料金(珍しいシステム)。高いプランは割安に。
    • データ 500円
    • データ(SMS付き) 620円
    • 音声 1,200円
  •  MNP転出料3,000円

維持費 1~24ヶ月の維持費

MVNOはライトユーザーが主体のため小容量で計算

1GB音声契約

安いLINEフリーで計算

3GB音声契約

中間プランのコミュニケーションフリープランで計算

3GB音声契約+5ヶ月間半額キャンペーン適用

中間プランのコミュニケーションフリープランで計算

長く続いている5ヶ月半額キャンペーンを適用した料金。

キャンペーン

  • スマホ月額基本利用料 半額キャンペーン Link
    • 期間:2019/8/23(金)~ 終了日未定
    • 音声通話SIM限定
    • コミュニケーションフリーかMUSIC+に新規契約または
      プラン変更が対象(LINEフリーは対象外)
    • 5ヶ月間半額の内訳は
      • 初月は通常1,200円が半額の600円
      • 2~5ヶ月目は利用料金プランの半額

まとめ

LINE利用のデータ量をカウントしない「LINEフリー」の料金は安くて魅力があります。

5ヶ月半額キャンペーンの適用を前提にすると、「LINEフリー」よりも「コミュニケーションフリープラン」がお得。最初はコミュニケーションフリーで申し込んで、通常料金に戻る前月に安いLINEフリープランに変更するかを決めるようにします。

速度は昼休みの速度低下はありますが、ひどく遅いというレベルではなくLINEメインのユーザーには十分。

大きな欠点が無い無難にまとまった良いサービスです。


更新:2019/12/21

スポンサーリンク

Posted by bden