単身者ならスマホ大容量パケットで自宅固定回線を廃止

2016/11/23

スマホ契約回線に20GB、30GBの大容量メニューが登場してきました。

  • 料金は5GBプランより1,000~2,000円upとお手頃
  • LTE回線なら50~70Mbps程度出ます。光回線レベルの十分すぎるほどの速度。

すでに5GB,10GBで不足して大容量プランを使っているスマホ使いなら、固定回線も廃止してその料金分をスマホの大容量プランに回したほうがお得です。 特に単身者であれば、留守のときに自宅PCをネットに接続する必要性が低いのでお薦めです。

スポンサーリンク

自宅PCのネット接続はテザリングで使用

  • AndroidもiPhoneも以前と違ってテザリングは標準機能になっています。簡単にPC接続できます。
  • 大容量プランでのテザリング利用は1,000円のオプション料がかかります。auとソフトバンクは2017/3末まで無料。ドコモは2018/3末まで無料。

iOSアップデートや大容量アプリのために必要なWiFiはどうするか

無料のWiFiか、安い回線(MVNOなど)を使います。

  • 急速に増えている無料の公衆WiFiが便利。公衆WiFiは暗号化されていないと煽る記事を見かけますが、今時のスマホは通信を暗号化しています。特にOSアップデートやアプリ関連は心配無用。その他の利用についても、よほど特殊なことをしない限り心配ありません。
  • 低価格の回線を確保する。
    • 安いMVNOで低速無制限接続ができるサービスを利用する。
    • もしもitscomの一部のように無料の低速サービスが使えるならそれを利用。

PCのヘビーユーザーは固定回線を残す

PCのヘビーユーザーだと月に100GB超えも珍しくありません。この場合は固定回線必須。

じゃあ、自分はどの程度使っているのか? 確認する方法は以下

月間利用データ量の確認方法

  • Windows10
    • 設定 →  ネットワークとインターネット → データ使用状況 で過去30日間のデータ使用状況が表示される
  • iOS
    • 電話会社のマイページで確認する方法が便利
    • 本体で確認する方法は、 ホーム画面→設定→モバイルデータ通信→現在までの合計(○GBや○MBと表示あり)→モバイルデータ通信画面の一番下に前回のリセット日時が出ています。期間とさきほどのGBをメモします。 GB/期間で一日やひと月あたりの平均を算出。
  • Android
    • 電話会社のマイページで確認
    • 本体での確認は機種ごとの説明書やヘルプを参照

Windows10は従量課金設定にする

設定 → ネットワークとインターネット → Wi-Fi → 従量制課金接続の 従量課金接続をオンにする

携帯3社の大容量パケット料金比較

3社の料金は同じ

  • 5GB:5,000円
  • 20GB:6,000円
  • 30GB:8,000円
  • テザリングオプション:1,000円

ドコモ ウルトラパック

テザリングオプションは2018/3末まで無料。3社で一番長期。

au スーパーデジラ

テザリングオプションは2017/4迄無料

ソフトバンク ギガモンスター

テザリングオプションは2017/4迄無料

スポンサーリンク

Posted by bden