固定電話をやめて失うもの

2012/7/24,2013/8/3

ここ数年スマートフォンが伸び、それに付随して無料のIP電話が日常的に使われるようになりました。こんな時代でも固定電話は単機能・高価格のままです。
固定電話の利用頻度は低いにもかかわらずなんとなく契約し続けている人や、できれば廃止してもいいと思いつつ、固定電話に代わるサービスがよくわからずそのまま使っている人もいそうです。

固定電話をやめられない理由、やめると失いそうなこと、それをカバーするにはどういう方法があるかをまとめてみました。

固定電話は高額

加入権有りでも月額1,785円(税込)。 加入権無しだと2,047円(税込)もします
1年で1785円x12ヶ月=21,420円
2年でPCが買えます

加入電話(ダイヤル回線 ・ プッシュ回線) 回線使用料

区分 1級取扱所 2級取扱所 3級取扱所
加入電話 ダイヤル回線用 事務用 2,300円
(税込2,415円)
2,350円
(税込2,467.5円)
2,500円
(税込2,625円)
住宅用 1,450円
(税込1,522.5円)
1,550円
(税込1,627.5円)
1,700円
(税込1,785円)
プッシュ回線用 事務用 2,400円
(税込2,520円)
2,400円
(税込2,520円)
2,500円
(税込2,625円)
住宅用 1,600円
(税込1,680円)
1,600円
(税込1,680円)
1,700円
(税込1,785円)
加入電話・
ライトプラン
ダイヤル回線用 事務用 2,550円
(税込2,677.5円)
2,600円
(税込2,730円)
2,750円
(税込2,887.5円)
住宅用 1,700円
(税込1,785円)
1,800円
(税込1,890円)
1,950円
(税込2,047.5円)
プッシュ回線用 事務用 2,650円
(税込2,782.5円)
2,650円
(税込2,782.5円)
2,750円
(税込2,887.5円)
住宅用 1,850円
(税込1,942.5円)
1,850円
(税込1,942.5円)
1,950円
(税込2,047.5円)
スポンサーリンク

固定電話に代わる050IP電話は安くて便利

050IP電話は基本料無料で通話料も安い。スマホを使えば簡単に利用できます。

基本料無料、多機能な050IP電話の詳細記事

固定電話を廃止して、携帯だけか、IP電話併用にするか

  • プライベートと仕事用など、相手との関係での使い分けを携帯・固定電話で行っていたのなら、固定電話をIP電話に変更すると便利
  • 元々、ほぼすべての連絡を携帯でしかしていなかったような場合は、携帯だけにしても問題がないはずです。

固定電話のメリットは社会的信用?

固定電話がある人は信頼度が高いと判断するる人・団体がいるので、そこを重要視する人には固定電話には価値があります。

・・・ということは、社会的信頼度が得にくい人でも固定電話を引くこと信頼される・・・・信頼度が低い人ほど積極的に固定電話を引く・・・固定電話は社会的信頼度が低い人の多くが引いている となりそうですが。

固定電話の信頼に頼らなくても良い人

こういう階層の人は固定電話が無くても社会から高い信頼を受けます。よって固定電話を廃止しても問題なし。

  • 公務員・公務員に準じる待遇の職に就いている人
  • 自分名義の住宅に住んでいる
  • 学生(親が子に対して無限責任を負う傾向があるので信頼される)

固定電話のデメリット

  • 基本料が高い。 携帯よりも基本料が高いというだけでそれ以上の説明は要らないでしょう
  • 通話料が長距離は高い。
  • 固定電話が留守か否かの判断ツールになっていて、空き巣にとって都合がよい。
  • ろくな電話がかかってこない(強引なセールス、オレオレなど)
  • 引越して住所が変わると電話番号が変わる。

やめにくい人

  • 個人事業主で長い間コンタクトが無いが昔のコネクションから仕事の依頼があるような人
    • よほど古い業態ならともかく、今どきなら自分のサイトを持つ方が良さそうです(無料で簡単に自サイトを作れるサービスWeeblyJimdo)

やめない理由

  • 長い間連絡はとっていないが、電話番号だけは知っているような相手と縁が切れるのが不安
    • その程度の関係なら切れてもいいような気もしますが・・・せっかくだから新しいIP電話や携帯で連絡してみるとか
  • 知人との距離感で固定電話と携帯を分けている場合
  • フリーダイヤルが携帯からつながらない
    • 最近は携帯からつながるフリーダイアル、あるいは携帯からつながる一般の番号を併記しているところが多くなっています。  フリーダイヤルにかけられるという事が、固定電話の維持費と比べて価値があるか という判断になります。
  • 電池切れの心配なく長電話できる
    • 自宅IP電話専用のスマートフォンを用意して、常時充電状態にすればOK。
  • 役所、銀行などに登録している電話番号を今さら変えるのは面倒
    • 一度電話するだけなのでそんなに面倒ではないのでしょう。 この機会に取引先も整理できます。

スポンサーリンク

Posted by bden