楽天モバイル(UN-LIMIT)は5GB+電話かけ放題。auと料金比較

2020/4/8

楽天モバイル(MNO)が一般利用受付開始。1年間無料、契約料は楽天ポイントで還元など好条件です。

4月からはauエリアでの容量が2GBから5GBへ、速度制限時1Mbpsと内容が改善されています。

エリアはauと同等

基地局の展開が進むまでは大半のユーザーはauのエリアで使うことになります。つまり「auの5GB+かけ放題を、1年間は無料で使えるサービス」が始まった。と考えるとわかりやすい。

  • 楽天モバイル
    • UN LIMIT 2,980円
    • 容量
      • 楽天エリアでは無制限
      • auエリアでは5GB(4/22~)
        • 容量オーバー後の速度規制:1Mbps
    • 追加チャージ 1GB:500円
    • 通話定額:Rakuten Link利用で無料
      • Rakuten linkアプリはAndroidのみ(iOSリリース未定)
  •  au
    • ピタットN 2GB:1,980円、4GB:2,980円
    • 追加チャージ 1GB:1,000円
    • 通話定額 1,700円
    • 容量オーバー後の速度規制:128kbps
    • auスマートバリューで500円引き(ピタットN2GB以上)
    • 家族割プラスで500~1000円引き

電話かけ放題を使うなら楽天

楽天の無料キャンペーンが終わる2年目以降でも楽天が安い


auのスマートバリュー、家族割3人適用でも楽天が安い

電話かけ放題無しでも楽天が概ね安い

楽天の無料キャンペーンが終わる2年目からも、楽天の方が安い


auのスマートバリュー、家族割3人適用でも1GB以外は楽天が安い


楽天エリアはまだ狭い

  • 楽天エリアは都市部
  • 楽天エリアでも地下鉄や大規模ショッピングモールではauエリア扱い

では、いつ頃楽天が全国カバーをできるのか?

auのローミング提供期間は2026年3月31日までということは、2025年末に全国をカバーするとしても、だいぶ先のこと。auローミング終了時点で全国カバーしたとしても、密度的にau並のエリアを確保する事は厳しい。

とはいえ、auエリアでの利用でもデータ容量5GB、超過時1Mbpsで2,980円。この内容ならライト~ミドルユーザーにとっては価値あるサービスです。

楽天モバイルUN LIMITの内容

  • 楽天エリアでは通信使い放題
  • auエリアでは通信量5GBを超えると1Mbps制限
  • 速度制限1Mbpsにスイッチ切り替え可能。1Mbpsで使えば全国どこでも容量無制限になる。常時1Mbps以上の速度が出る可能性が高い。
  • 追加データは1GB/500円
  • 月額2,980円
  • 契約料3,000円
  • RakutenLink。通話料・SMS発信無料
    • アプリはAndroidのみ
  • 楽天市場での買い物で1%還元
  • クレジットカード、デビットカード、銀行口座振替での支払い可能
  • クレカ、デビットカード払いの場合、楽天ポイント・楽天キャッシュでの支払いが可能
  • オンライン申込みで提示される3つ電話番号から希望の番号を選べる

先着300万人・1年間基本料無料キャンペーン

  • 1年間基本料無料
  • 契約料相当を楽天ポイント3,300P還元
  • オンライン申込みで3,000P還元
  • 端末購入でポイント還元(お得な機種解説

他社から同じ番号利用なら

他社からMNPで同じ番号を使うのなら、確実な動作を見込めるスマホを入手しておくことをおすすめします。

  • 無料キャンペーンということで多くの申し込みがあり、十分なサポートを受けられない状態
  • 新規事業で十分なノウハウがたまっていない状況

料金値下げ

スマホ端末の安売り規制(新しいモデルは22,000円までの値引き)により価格競争は下火状態です。その分、携帯会社には余力があるため、料金を下げることは容易。

今のところは、役所が新規参入者を守るため他社に圧力をかけています。しばらくは他社はあからさまな対抗策は出せません。

その間に、目標の1,500万回線を確保できれば、他社も値下げに動けるようになります。

まずは、楽天ユーザーを増やすことが利用者にとってもプラスということです。

履歴:2020/3/4、4/8

スポンサーリンク

Posted by bden