楽天モバイルの端末安売り。費用と安さランク付け

2017/06/27

楽天モバイルの短所は、平日昼休み、夜間のピーク時に極端に速度が低下すること。

長所は端末の安売りをしてくれること。

通信事業者ではなく、端末を安く販売する事業者として位置付ければ、消費者にとって良い事業者と見ることができます。

携帯事業3社に比べればまだシンプルな価格体系ですが、最近になって縛りの例外規定が追加されやや複雑化してきてています。 費用をわかりやすくするため一覧にしました。

楽天モバイル・楽天市場店でのセール。お得度チェック | 電話サイト

追記等

2017/06/27版 データSIMでも割引き。 honor8,nova,Arrows M03,E01等

2017/06/08版 Huawei P10シリーズ追加。Zenfon3値下げ

2017/05/23版 zenfon3値下げ

2017/05/11版 小幅値下げ。Z530再開。

2017/04/23版 市場価格が低下しているため、全体に割安感がなくなってきました

2017/03/10版 HUAWE nova追加

2017/02/19版 E01データ契約値下げ5980→2980円

2017/02/16版 一部機種価格変更

2017/02/09版 掘り出し物スマホにAXON7とZenFone3Laserが追加

2017/02/01版 真冬のお得キャンペーン 対象品が減っています。金額は100円引きになったものが一部。 人気の高そうなZenfon2 Laserが店舗渡しのみに変更。

2017/01/14版 冬の特価セールで年末年始より100円安く

2017/01/06版 掘り出し物スマホが100円値下げ。期間限定割追加

2016/12/12版 年末年始大謝恩セール  、掘り出し物スマホ

端末価格、最低維持費、お得度一覧

お得度ランクは★の数。-印はお得度が低いと判定。市場価格に対して総費用が割安なほど★の数が多く付くようにしています。

国産端末に★がついているのは、国産端末の安売りが少ないため。市場価格が高めなので、相対的に楽天モバイルの安売りはお得度が高い。

一方、MVNOのSIMフリー市場拡大をチャンスと見た海外メーカーは、シェア拡大狙いで利益度外視の卸価格をつけています。市場価格が全体に下がっているため、楽天モバイルの突出度が薄まります。→12/17からZenFone2 Laser、12/22からMediaPad T1がお買い得に

一覧表の見方

一覧にしたため情報が多め。細かい説明をしておきます。

端末価格

左から機種名、音声契約での端末価格、データ契約での端末価格、データ縛り期間月

端末価格:音声契約とデータ契約で価格が同じもの、異なるものが有ります

データ縛り期間月:データ契約は原則解約違約金は発生しません。表では0と表記。 一部の機種に6ヶ月の最低維持期間が設定されています。表では6。

音声とデータでの価格差は、縛り期間の違いが理由。 音声は12ヶ月の縛り期間があり、この期間に解約すると解約違約金として9,800円の支払いが生じます。 違約金があると一般的に解約率は下がり、楽天モバイルは長く料金収入が得られます。

データ契約は縛り期間が0または6ヶ月のため音声より短期解約の可能性が高い。 あまりに短期に解約されると、楽天モバイルにとっては想定利益の減少につながります。

ということで、音声契約の方が安めに設定されている、データにも縛りがかかっている端末は、端末の利益が少なめで購入者にとってお得な機種の可能性。

データ縛り期間

音声のみに縛りをかけるのが業界の通例でしたが、端末セットだと即解約する購入者が後をたたないためか、一部機種にはデータにも縛りをかけてくるようになっています。音声12ヶ月に対して半分の6ヶ月、解約違約金は音声と同額9,800円です。

これも、端末をより安く売るための縛りと考えれば、ある程度の期間使うことを前提の購入者には良いですね。最低プランなら毎月525円。この料金は楽天のポイントから自動で支払われます。 楽天を多少利用している程度のライトユーザーでも、期間限定ポイントも含めれば毎月数百ポイントはいつのまにか貯まっていることが多い。 月525円はさほど負担感なしに維持できるんじゃないでしょうか。

維持費

左から、

  • 音声契約で即解約した場合の総費用
    • 端末価格+契約料3,396円+解約料9800円
    • 即解の場合初月無料対象外
  • 音声契約で12ヶ月利用後解約した場合の総費用
    • 端末価格+契約料3,396円+通話SIMベーシックプラン1,250円×12
  • データ契約で即解約した場合の総費用
    • 端末価格+契約料3,396円(データ6ヶ月縛りがある場合は解約料9800円)
    • 即解の場合初月無料対象外
  • 音声契約で6ヶ月利用後解約した場合の総費用
    • 端末価格+契約料3,396円+データSIMベーシックプラン525円×6

スポンサーリンク

気になるブラックリスト

事業者から見ると契約してすぐ解約する人は良い顧客とはいえません。これを繰り返すようならブラックリストに入れられるのはしょうがないでしょう。 それを避けるためにも一定期間維持することをおすすめします。データ契約に6ヶ月縛りが導入されたということは、楽天モバイルは6ヶ月をめどにしているのがわかります。縛りの有無にかかわらず6ヶ月維持すれば良さそうです。

端末安売り事業者として優秀な楽天モバイルにやる気を維持してもらうため、一定期間契約維持をすることはwin-winの関係になると思います。

楽天モバイルのプラン

最低維持費狙いなら低速200kbpsのベーシックプランを選択します

楽天モバイルFAQ

初月のプラン料金は無料。

解約は15日までに楽天モバイルに電話連絡すれば当月解約扱い。契約・解約を当月に行った場合でも初月無料は適用されます。

旧価格表

2017/06/08

2017/05/23

2017/05/11

2017/04/23

2017/03/10

2017/02/19

2017/02/16

2017/02/14

2017/02/01

2017/01/06、1/14

2016/12/17

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る