Fusion IP-PhoneをAndroidで使った場合のバッテリ時間

2013/11/24,2014/1/12

Fusionが新しくリリースしたAndroidアプリはプッシュ式が採用され、ほとんどバッテリが減りません。
待ち受け状態24時間後のバッテリ容量を確認してみました。

 サービス名 アプリ名  24時間後のバッテリ容量
 Fusion IP-Phone  公式アプリSMARTTalkで待ち受け  97%
  Fusion IP-Phone  アプリCSipSimpleで待ち受け 23%
 050Plus  公式アプリVer4.1.2で待ち受け  17%
 無し  アプリを起動していない状態 97%

計測条件

  • バッテリ容量チェックのアプリはBattery Mixを使用
  • Android本体はドコモP-01Dをroot化して、docomoのプリインストールアプリの大半を停止したもの
  • 電池はほぼ新品
  • 通信はWiFiのみ
  • 移動はせずWiFiルーターの近くで固定状態
  • 室内で温度は一定しており25度前後

一定時間でプッシュ通知が解除される

一定時間経過するとスマートフォン側でプッシュ通知の解除がされます。 メッセージが表示されますので、SMATTALK起動すればプッシュ通知の待ち受けになります。

留守電機能があるのでプッシュ通知が切れても、着信の通知がメールで届きます。

<着信が不安定(な機種もある)

3機種試して1機種が、着信ができないことが結構ありました。着信できず留守電につながる状態。CSipSimpleは問題なく、公式アプリでの症状。着信メッセージがemailで送られてくるので、すぐ折り返すことで実用上問題は無さそうです。
Androidの機種依存性もあり得ますし、アプリや何かの設定の可能性もあります。こういう組み合わせはよくあること。相性のいいものを使えばいいでしょう。Androidの新品は6,000円あれば買えますから。

IP電話が主電話になり得る

IP電話はアプリを起動して常時待ち受けにすると、バッテリの消費に不安があるため

  • 発信するときのみアプリを起動
  • 着信は留守電で受けて、emailで届く内容を見て折り返す
  • 着信を確実にしたい時は転送機能で固定電話や携帯電話に転送

としていました。
省エネアプリが一般的になれば、IP電話は普通の電話として使えます。留守電のemail通知機能は他の電話を上回る付加機能としてIP電話の魅力を高める力になりそうです。

昔、携帯番号0x0-xxx-xxxx を人に伝えると違和感のある反応をされました。(通話料の高さも敬遠された理由)。今では固定電話番号を教える方が変な感じがします。スマートフォンでIP電話が普及すれば、050が一般的になる日も近そうです。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る