ドコモのdビデオはWiFiが無いとデータ上限にすぐ到達

2012/7/19,2013/12/1

ドコモのスマートフォンを新規契約する際、dビデオを条件とするショップをよく見かけます。 日割り無しの固定料金ですから契約月だけでも利用してみようとする人は多そうです。

dビデオの特徴

  • 月額525円固定料金で映画など5000タイトル以上見放題
  • ストリーミングでもダウンロード後の視聴も可能
  • スマートフォンとSIMの情報で管理しているようでWiFi経由で動画を視聴・ダウンロード再生可能
  • 画質も選べる(普通、きれい、すごくきれい)・・画質表現からターゲットが想像できます。

動画データの大きさ

動画の長さや画質で異なりますが、いくつかダウンロードしてみたところ映画なら300~500MB程度です。
YouTube、ニコニコ動画のHD画質動画だと5分100MB程度の動画は珍しくありません。Videoストアの方が時間当たりの回線負荷としてはむしろ軽い。

Xiの上限7GBが適用されると

7GBを超えると128kbpsに速度規制をするとなっています。Videoストアを 気に入って使うような利用者だと7GB規制にかかることは珍しくなさそうです。映画館に行ったり、DVDレンタルをするのはよほど好きでないと面倒になっ て長続きませんが、スマートフォンからの簡単なアクセスで見られるのなら、B級、C級映画でも時間つぶしに安定して消費していくような気がします。 自由になるお金が少ない世代なら月額固定料金サービスはかなり魅力的。

週3本で月12本→12x400MB=4.8GB。 7GB-4.8GB=2.2GB。 余裕がありそうに見えますが、併せてYouTubeなどの動画サイトをよく見るようなら7GB規制にかかりそうです。

データ量規制一覧

FOMAのデータ量規制

FOMAだと3日300万パケット=約375MB。 1本映画を見たら速度規制を受ける規制値です。・・・手元にFOMAが無いのであくまで予想ですが、Videoストアに対しては何か例外処置をしている可能性があります。

WiFi接続を利用。ダウンロードしてからの視聴。

WiFiで利用できる環境ならデータ規制の問題はありません。

ただ、自宅にWiFi環境があっても切り替えが面倒、バッテリーの持ち優先でWiFiを使いたがらない、そもそもWiFiって? という人もいますので、データ規制についての説明をしておくといいでしょう。

外出先でもWiFiスポットを利用して丸ごとダウンロード保存することが可能。(PC除く)

ドコモのWiFiサービス(無料)はアクセスポイントが急増していて、都市部ならちょっと歩けば使えます。 コンビニ・カフェなど無料のWiFiも増え、自動販売機、駐車場などにも無料スポットがあります。 これらを利用して、事前に見たい映画を複数ダウンロードしておいて、時間のある時に見るような使い方にすればデータ規制は受けずに済ませられます。

スポンサーリンク

関連記事

ページ上部へ戻る